カルチャー

Cultura en Isla de Pascuaイースター島(イスラ・デ・パスクア)は、現在でも伝統的文化が保たれていて、世界でも残り 少ない名所の1つになっています。1935年にチリはこの島を歴史遺産として表明し、その 60年後ラパヌイ国立公園はユネスコにより世界遺産とされました。 1年を通じ、数々の文化的な祭りが行なわれます。特に目立った行事では真夏(南半球) に行なわれるタパティラパヌイ祭りがあります。そこではハカペイ(若者のバナナの木滑りコン クール)、そしてタコナ(ボディーペインティングのコンクール)、トリアトロンなどはイース ター島の文化を吸収していただくため、魅惑的な体験となるでしょう。

ダンスのレッスン

一般的にラパヌイやポリネシアの踊りでは、腰の動き、手足の波打つような動きによって ダンスを創作していきますが、それらは官能的な部分を見せています。衣装と冠は羽から、 ネックレスは花で、素足のまま、そしてみなぎったエネルギーなどはショーに欠かせない 要素です。あなたも思い切ってレッスンを受けて見ませんか。。。

ショーとパフォーマンス

毎週、様々なグループが定期的にショーをお見せしています。また一年に渡ってアートや スペシャルカルチャーの行事も楽しんでいただけます。イースター島にご滞在中はすべてのプロ グラムについてお問い合わせください。見逃す事がない様に。。。(チケットサービスなど) 年間のスペシャルイベントの中ではタパチ・ラパ・ヌイが最も知られていて、とても際立った 行事です。2月初めから2週間に渡り色々なセレモニーやコンテストが行なわれます。 各家族のメンバーは女王になる候補者にポイントが上がるように、連続して数々の試みが なされます。次のような伝統的コンテストやスポーツなどをお楽しみいただけます。

  • バカ・テゥアイ: 各チームは伝統的ポリネシア風のボートを再生しなければならない。

ボートには昔の衣装を着けた候補者と航行する小チームが乗る。

  • タコナ: ボディーペインティングコンテスト。ペイントは社会的地位を表すもの。
  • リウ: 各チームで最も経験のある者がラパヌイの歴史や伝説を詩で詠うコンテスト。
  • ホコ・ハカ・オポ: 各チームのコーラスによるコンテスト。各チームのグループは相手 チームと交互に競争するが、歌詞を間違ったり、リピートは禁止。
  • ハカ・ペイ: バナナの木すべりコンテスト。青年たちはプイ丘陵(高さ120m/斜傾45°) をバナナの幹に乗って滑り落ちるコンテスト。時速80kmの速度にまで達する。
  • ティンティンギ・マフテ: マフテ(ポリネシア住民が最初に用いた植物)を使って伝統的な 衣装を作る作業コンテスト。
  • ポラ: 葦トトーラで作られた浮き舟を漕ぐコンテスト。伝統コスチュームを着、ボディーペイン ティングされた競者は、1500mの距離、その巧妙さと抵抗力を審査される。
  • タウア・ラパ・ヌイ: ラノ・ララクで行なわれるスポーツ競技。このトライアスロンは、3種 の伝統レース;バカ・アマは葦トトーラで作られたいかだで渡る競技。 ポラは葦トトーラ製の浮きでのレース。そして、アカ・ベンガはバナナ 担ぎ競争。棒の両端にバナナの束を付け肩に乗せてレースする。

テゥヌアヒ

野外クッキングは、たいてい海岸沿い漁のあとに行なわれます。熱した石の上で魚をその皮で焼 く、ウム・タオ(ラパヌイの煮込み料理)と同じく一般的な料理です。これらの伝統料理は簡単 に楽しんでいただけます。ご一緒に作ってみませんか!

Compartir:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter